休日 関東編

アジサイ寺~浄慶寺と秋葉神社  ㏌ 川崎柿生

こんにちは
花は普通に好きなだけな
プライベートサロン美容室ブランカのまりですニコニコ


師ランキング

環境が植物と縁してくれます!

初めて店を出した東京 大井町は

駅近なのに小さな庭があり

土をいじると心が落ち着きましたニコニコ

神戸から現在は住む環境がそうさせますニコニコ
先日はママチャリで小田急線で2つ隣の柿生にある浄慶寺に行ってまいりました。
なんでもアジサイが良いそうですあじさい
新百合ヶ丘のエルミロードから左まわりに南下して
トンネルをくぐり麻生川沿いに柿生駅南口前を通り
県道12号横浜上麻生線の3本手前の道を左に入るのですが、
この辺りも1本間違えると
とんでもない方向にいってしまうので
分かれ道で待っては、通る人に尋ねました。
なのに1本間違えて竹林の山道に入ってしまった笑い泣き
生活道なんですね、尾根道に人がいてよかった~
皆さんとても親切に教えてくださり好印象アップ

到着した

浄慶寺は1621年に(1584年の説もある)

上麻生村の領主三井左衛門尉(さえもんのじょう)によって
創建された浄土宗の寺院で
昭和42年頃から植えられた1,000 株越えのあじさいが楽しめます

ガクアジサイ
手まりサイズは他と同じなのですが
花が小さくて珍しいあじさい

 

 と思いきや
大きい花が混在していましたびっくり
上の花もこれから大きくなるのかも?
ママチャリは駐車場の木の下に置かせていただきました自転車
山号 麻生山
※仏教の寺院に付ける称号で
もとはインドや中国では山中に寺院を設ける伝統があり
寺院によっては付けておらず、
付けていてもついても所在する山の名称を付けている場合と、
所在地とは関係のない仏教用語を付けている寺院もあるそうです!
鳥居の先は秋葉大権現あじさい
直進すると祠に招き猫あじさい
寺院っぽさがなく
敷地内の※羅漢(らかん)さま達がとてもユーモラスでしたびっくり
(悟りを開いた高層を意味する阿羅漢(あらかん)を略した仏教用語)
疫病退散
手前右はお掃除中
小さな地蔵仏様あじさい
無邪気でユーモラスな人間臭い表情を放つ日常の様に混ざり
ゴルフクラブやカメラを持った羅漢さまも見られますびっくり

 

動画最後の一休さん風が入り口側ですニコニコ
アジサイ映えしている
どの羅漢さまも今にも声が聞こえてきそうな表情ですあじさい
本堂の前の羅漢さま達は
ミシンでマスクを縫っていたり
パソコンを見つめるテレワーク的な羅漢さんから始まりますびっくり

動画中の
こそこそ話は女性だけかと思っていました
亀と戯れ中~誰かに似ている
ラジオ?イヤホンで聞いている羅漢さまからのアジサイも綺麗あじさい

麺はみんな好きwww

苔が良いあんばい!
お茶飲んで趣味三昧スマホをもった羅漢さまもいます目
スマホが泳いだけれど汗
初めと、終わりの竹の子2ショットは何だろう?(この辺りにも、家の近くにも竹藪が残っています) ラストの斜面には
あじさいが埋め尽くされていますが
花は少なめでしたあじさい

 

御本尊 阿弥陀如来
徳川家康の実母の菩提寺である東京小石川の
尼寺「傳通院・寿経寺」から戦後、尼僧が派遣され、
浄誘尼・浄山尼・浄香尼の三尼僧が住職を勤め
浄慶寺を守ってきたそうですお願い
本堂の右手から遊歩道が続き裏山の斜面へと歩けます走る人
六面地蔵あじさい
縁結びの道祖神かと

柿生の町と浄慶寺あじさい

これから向かう秋葉大権現が見えますあじさい

縁由が難しいあせる
縁由は神社訪問記HPより抜粋
以下本文
秋葉大権現縁由
當山鎮守三尺坊秋葉大権現は遠江国大居村なる太登山秋葉寺の三尺坊大権現と同木同作にて行基菩薩の彫刻し給いしなり
其始の同国城釣の郡比邑に鎮座し奉りて総鎮守なりしなり
然るに此の麻生村に支配(知行)せらるる三井家にて領地せられたればなりけり 其辺は同国相良に因たる地なれば公より
命令ありて宝暦十二壬午年相良の城主田沼侯に賜へり
三井家には駿河国の岡部と藤枝の駅の北へ替へ地を賜へりしなり 斯て当時は此の村を三井家天正年中より領知せられて
祖先寿光院殿を葬りて菩提寺とし開基造営せられしなりければ
其地替の時しも秋葉大権現を遷座し奉られしなりけり
因にいう三井家後に菩提寺の増上寺なるは忝しくも
東照神祖の異なる思慮おはしまして二代なる
見樹院殿乃
命を蒙りてなり 其の後祖先寿光院殿は永禄十二巳己年三月神祖小牧山に出陣し給いし時長湫の役に敵として闘戦し粉骨砕身して遂に自刃せられたり 然武功を立られたる跡なればなりけり
爾当山に秋葉大権現を鎮座し奉られしは

三井家領知の村に火防厄難消除五穀豊熟諸氏安穏の為也

武蔵国都筑郡上麻生村麻生山浄慶寺現住
元治元甲子年兼坂     彰譽達圓

観世音御縁日  十八日
三尺坊御縁日  廿四日

以上
私の解釈
鎮守神は尺坊秋葉大権現で三井家領主が
火防厄難消除 五穀豊穣 庶民安穏を祈願して
迎え鎮座されました。
秋葉山本宮秋葉神社と同じ行基菩薩が
彫刻した像が祀られており
そして
領地替えの時も秋葉大権現(像)と移った
祖先 三井寿光院殿が自害とも読める言葉がある
余談ですが
1868年の神仏分離・廃仏毀釈では神仏融合の
秋葉権現も対象となり
遠州秋葉山では秋葉権現が神仏いずれかで議論が長引いたが
明治5年、社寺行政を主管する教部省は秋葉権現は三尺坊とは異なる神祇であると判断し多くの秋葉権現が秋葉神社となったとされる。
残ったのは3寺院だけ
そのうちの1つ 秋葉三尺坊大権現 秋葉寺のHPによると
秋葉三尺坊大権現とは実際にいた人物であり

信濃の戸隠村に生まれ、天応2年(782)の4歳の時には既に

越後蔵王権現に修行に出かけた修験者であるという。

10歳の時、いったん戸隠の父親の元に帰り、

26歳の時には大阿闍梨となって、

蔵王権現堂の第一の坊「三尺坊」を務めさらなる修行を積んだ。
27歳の時一切衆生を願って十二誓願を発し

不動三昧の秘法を修し、

この護摩修行が満行をむかえた21日目の暁、

三尺坊の体は烏形両翼の羽が生え、

羂索を持つ迦楼羅に変身したのだと書いてありました。

三尺坊秋葉大権現は
遠江天狗の総帥であるともいわれる神仏習合の神だそうだから
木鼻・獅子の奥は象だと思いますが天狗の化身?
 💘優しいとても可愛いお顔の狛犬様は
傳通院 寿経寺より移されたそうですあじさい
階段をおりると小さな狛犬さまもおります
七福神

 

神社内にも羅漢さまがおります
獅子舞いの後ろでチラ見(笑
太鼓に浄慶と彫られているけど名前?
えぇ~お腹の上に仏さま?

 

鳥居から出ました走る人
秋葉神社と浄慶寺は同じ敷地で共存まさに神仏融合
神仏分離・廃仏毀釈以前の秋葉権現さまの教えですお願い
柿生駅から10分位で歩けます走る人
無料でコンパクトに拝見できますウインク
羅漢さまが人間臭く
現代に寄せて作成され続けているのも楽しみなので
神社仏閣が苦手な人にもお勧めしたいですあじさい
これで
よみうりランドから柿生までママチャリで
動けるようになりました真顔チョキ
チェーンのない電動自転車が出た時は欲しくて
購入画面までいったのですが音譜やめました
一石二鳥チョキ
ママチャリは姿勢を正し、登り坂にいどむと
腹筋のトレーニングになるのでなかなか捨てられないメラメラ
なのにくいしんぼうは裏腹💧
美味しい🥰良い仕事されてました🎵
柿生駅前トン鈴さんで
ばらカツ定食を食べましたよ🙄
ABOUT ME
まり
生涯現役! 余暇を楽しみ、 お客様に喜んでいただけるように 知識と技術の向上に取り組んでいく所存です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。