休日 関東編

三峯神社 by 秩父三社巡りバスツアー

前回からアメーバブログが書きにくい
川崎市百合ヶ丘の美容室ブランカのまりですニコニコ


美容師ランキング

太字にできない、

反応が遅くカーソルと違う位置に文字がでて

反映すると直前の写真や文字を消去してしまうし
絵文字も写真も2でて
時間のロスまみれですチーンガーン
紅葉の頃もみじお客様おすすめの四季の旅主催の
秩父三社巡りバスツアーに一人で参加しました
北関東の名所は新幹線停車地の近くでもなければ、電車で日帰りは無理なので
バスで連れて行ってもらえるのはありがたいバス
新型コロナワクチン2回接種済みが条件で
バス内の換気は徹底されており
飛沫防止用の透明シートが設置され
食事は禁止でマスク着用予防
3000円追加で2座席利用できたので気楽に過ごせましたチョキ
〇天照大神の親である、伊弉諾尊(いざなぎのみこと)は伊弉册尊(いざなみのみこと)は淡路島を最初は四国→九州→本州と合計八つの島々をつくられ日本を生んだ事
〇御神木の始まりは子をつくるときにイザナミノミコトがまわった木である
〇お詣りの基本は
鳥居は左足から入り(神は右にいることが多い)
拝殿では神様の方を見て一礼、二拍二礼
等々
この日の添乗員さんは神話おじさんと呼ばれている澤田さんで
バスの中での詳しい説明も楽しくてラッキーチョキ
甲府塩山が裏にあたり山梨と県境にある
三峰神社が鎮座する
関越道を抜け皆野寄居有料道路で向かいますバス
秩父湖つりばし
二瀬ダムは荒川最上流ダムですメモ
ジグザグと狭い山道に大型バスは運転テクがいりますねグッド!
紅葉も間に合いましたもみじ
境内は一人で散策しますチョキ
三ツ鳥居に到着
奈良の大神神社境内の檜原神社でも小降りなのを拝見しましたが
中央の大きな鳥居の両脇に鳥居が並ぶ形です神社
由来
大和朝廷・景行天皇の命により日本東国統一に遣わされた日本武尊(やまとたけるのみこと)が山梨から群馬を経甲斐国三富か武蔵国へ入り
碓氷峠に向われる途中三峯山に登り

山川が清く美しい様子をご覧になり

国が平和であるよう願い

国をお生みになられた伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)をお祀りしたのが始まりですメモ

この時、尊を道案内したのが狼(山犬)であったとされ

神様の使いとして一緒にお祀りされています。🐺

東国統一後、景行天皇が三峯山に登られ、雲取山・白岩山・妙法ヶ岳の三山が高く美しく連らなることから「三峯の宮」の称号を与えましたメモ

駒犬ならぬ駒狼ですびっくりマーク

1100mの山の上なので紅葉は終わりもみじ
参道に建てられた石碑には高額寄付金が彫られておりますびっくり
随身門
江戸中期に建てられて神仏混合の頃は仁王門でした
表参道からここを通るのが正参道です
大きな口と耳が赤くされた狼(山犬)
りりしい
神様を守る武官
吽型
阿形
大きい
少し階段を進むと遥拝殿が見えてきました
奥宮が鎮座する雲海がかかる妙法ヶ岳を拝みます
神話おじさんによると
 奥宮は荒御魂を祀っているので起こさないために二拍しないそうです
風化したたたずまいにこころ惹かれました
森玄黄斉作のご神犬像でした🐺
ここから先は足の向くまま進みました走る人
日本古代史における伝承上の英雄であり

第12代景行天皇が父である

光峯神社の創設者・日本武尊像本体5.2m、地上15m
髪型がみずらです
周囲には石碑があります
斎藤茂吉
二つ居りて啼くこえきけば相呼ばふ鳥が音かなし山の月夜に
山口青邨氏歌碑 昭和16年
巫女下るお山は霞濃くなりて
野口雨情
朝にやあさ霧夕にや狭きり秩父三峰霧の中
神楽殿
第二次世界大戦前は左からの横書が普通でしたメモ
1908年に東京・木場の竪川講社から奉献されました
祖霊社と国常立神社
国常立神社で初狛犬さま
日本武神社・伊勢神宮・摂末社ずらりと神様が祀られております
最短でこの位置、やはり女性は女人坂からしかお参りできませんでした汗
女人坂は当時をしのばせる道でした照れ
八棟灯籠
1857年建立・1973年に修復
手水舎
1853年建立
極彩色の装飾が目を引きます
樹齢800年の重忠杉を両脇に拝殿があります
1800年建立・1962年改修・2004年漆の塗り替え
青銅鳥居
お犬さまはネットの中に🐺

本殿

拝殿奥に鎮座

御祭神のイザナギノミコト・イザナミノミコト

1661年に建立・1961年改修復元・2004年漆の塗り替え

写真はおかりしました

直接御神木にふれることができます

縁結びの木
中央のヒノキとモミの木が寄り添い立っておりますドキドキ
御仮屋神社
火防・盗難除け・諸難除けの神として崇められ
ヤマトタケルの使者であるお犬さま(日本狼)お祀りしていますメモ
拝殿
しばらく歩いてみたら門が現れて敷地の外にでたようです走る人
光峯公園展望の丘に到着しましたが私一人汗
今は使用されていないようです
秩父盆地を望み抜群の景色です
再び雲海も見る事ができましたアップ

そろそろ駐車場に戻ります走る人

右に進むと女人坂で左が本殿に続く道

 

隋神門に続く道
さようなら光峯神社
ちょっと拝殿はちょっと派手だけど境内の空気は清々しく
景観が素晴らしいお願い
帰路も美しかった
奥秩父紅葉ロード
↑↓滝沢ダムめちゃ綺麗ぃラブラブ

 

時間が惜しくて昼食は高坂インターで購入した
いつもの組み合わせ、おにぎりとからあげ
を誰もいない奥宮登山口辺りで頂きましたおにぎり割り箸
本当に楽しいなぁ~ニヤニヤ
この後も秩父二社に立ち寄りますチョキ
思うように書けてはいませんが次回もよろしければ飛び出すハート
ABOUT ME
まり
生涯現役! 余暇を楽しみ、 お客様に喜んでいただけるように 知識と技術の向上に取り組んでいく所存です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。