休日 関西編

日帰り旅行in倉敷

こんにちは

猫がいるから泊まりは無理な

隠れすぎ美容室ブランカのまりですウインク


美容師ランキング

「猫なら1泊ぐらい大丈夫でしょ」と言われますが

うちのは年だし神経質です

てなことで8月後半、思いたって

ひかり8:45分西明石発で岡山へグッGO

IMG_20170902_115754079.jpg

早っ” alt=”アップ” width=”16″ height=”16″ data-src=”//stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/173.gif” />30分ぐらいで着きました

IMG_20170902_115753813.jpg

今日の目的は倉敷の大原美術館

在来線で向かいます電車

IMG_20170902_115754169.jpg

30分ぐらいで着きました

出口から道をまっすぐ進むこと10分程度で

大原美術館がある美観地区入口.に到着します

IMG_20170902_115754148.jpg

でもその前にお宅拝見!

代表的な町家の内部も見たかったので

最寄りの大橋家住宅へ向かいました走る人

IMG_20170902_115753953.jpg

10時過ぎだったので

他にお客様もいなくてゆっくり見させていただきました目

400年の歴史がある大橋家(中島屋平右衛門)の邸宅は

1800年ごろ建築され、3年4カ月を要した保存修理工事が平成7年に完成しました。

町家が門をつくることは禁じられていたそうなのですが

さすが

大杯家住宅には門を兼ねた長屋門が出迎えてくれます

正面↓

IMG_20170902_135420621.jpg

裏↓

IMG_20170902_115754000.jpg

2階に住むことはお上を下に見ることになり禁止されていたそうで

物置として使用されていたそうです。

4つの倉敷窓は採光と換気目的に設けられ、

5本の格子の内側にひき度があるそうです。

IMG_20170902_115754031.jpg

右の蔵↓瓦の目地に盛り上がった漆喰のありさまから

なまこ壁と呼ばれているそうです。

IMG_20170902_115753926.jpg

職業柄 かんざしやこうがい、くしなど気になります

IMG_20170902_115753472.jpgIMG_20170902_115753372.jpg

髪結いさんが住み込んでいたんでしょうか?

IMG_20170902_115753046.jpg IMG_20170902_115753606.jpg

敷地内ですが庭にでる箇所も風情があります

IMG_20170902_115754178.jpg IMG_20170902_115753639.jpg

↑縁側に座ってみた中庭↓

IMG_20170902_115754143.jpg

町家と言っても

平屋建ての座敷につながり広く四角いです。

IMG_20170902_152740495.jpg IMG_20170902_142655037.jpg

書斎↓

IMG_20170902_115935147.jpg

姿見にお花 こざしき

IMG_20170902_115935068.jpg

金融業も営んでいた名家なので

こんなに大きな金庫が室内にあります。

IMG_20170902_115935086.jpg

ドラマと同じ;

台所は上下関係があります。

IMG_20170902_115935040.jpgIMG_20170902_115935082.jpg IMG_20170902_115935350.jpgIMG_20170902_115935096.jpg

大きな石をそのまま掘ってあるだけの珍しい流し↓

IMG_20170902_115935322.jpg

部屋の横を大きな通路が通るのが町家ですね

IMG_20170902_115934622.jpg

↓なまこ壁の中央の漆喰〇は釘の頭を隠しています。

IMG_20170902_115935630.jpg IMG_20170902_115935345.jpg

↑倉敷格子は↓

上部は採光と換気にすぐれ、下部は中から見やすく

IMG_20170902_115935049.jpg

↓外から見えにくい構造です。

IMG_20170902_115935310.jpg

裏にも大きい井戸がありました

IMG_20170902_115935403.jpg

見ごたえがあり1時間以上お邪魔してしまいました

さぁいよいよ

念願の大原美術館へ

8月だけは定休日の月曜日も開館しておりますニコニコ

本館正面右では

ロダンのカレーの市民の1体が迎えてくれます

IMG_20170902_133127172.jpg

左はロダン昨 洗礼者ヨハネ

IMG_20170902_120153861.jpg

6名そろったカレーの市民は東京上野の

国立西洋美術館の外正面で誰でも見ることができます。

私はパリのロダン美術館でも拝見しましたが

6名も立ちすくまれていらっしゃると、

圧倒され、もの悲しさが伝わってきます。

近代的な本館内

IMG_20170902_120153695.jpg

分館正面にも作品

IMG_20170902_120153339.jpg

写真はNGなので超有名作品を列挙しておきます

  • エル・グレコ 「受胎告知」
  • ゴーギャン 「かぐわしき大地」
  • シスレー 「マルリーの通り」
  • シャガール「恋人」
  • セザンヌ 「水浴」「風景」
  • トゥールーズ=ロートレック 「マルトX夫人—ボルドー」
  • ドガ 「赤い衣裳をつけた三人の踊り子」
  • ピカソ 「頭蓋骨のある静物」
  • ユトリロ 「パリ郊外ーサン・ドニ」
  • ホドラー 「木を伐る人」
  • マネ 「薄布のある帽子をかぶる女」
  • マティス「画家の娘」
  • ミレー 「グレヴィルの断崖」
  • モネ 「睡蓮」「積みわら」
  • モロー 「雅歌」
  • ルソー 「牛のいる風景」
  • ルノワール 「泉による女」
  • ムンク「マドンナ」他多数
  • ミロ「夜の中の女たち」
  • ロダン「或る小さき影」 「歩く人」
  • デ・キリコ「ヘクトールとアンドロマケー別れ」
  • 児島虎次郎.「和服を着たベルギーの少女」
  • 棟方志功 「美尼羅牟頌板画柵 4図[テキスト:ニーチェ]」
  • 棟方志功 「流離抄板画柵 31図[詩:吉井勇]の内 狐狼の柵」
東洋館の建物は蔵を改装した趣があります
天井と床の一部
  • IMG_20170927_122358521.jpgIMG_20170927_122358910.jpg

満足ラブゆっくり鑑賞できましたおねがい

そして

美観地区を急ぎ足で散策しました

大原美術館の正面には

瓦屋根のオレンジ・グリーンの輝きが美しい大原家別邸と

本宅が並びます。

なんでも別宅は短歌を読む奥様の為に建てられたそうです。

IMG_20170902_120153832.jpg

証券会社↓

IMG_20170902_120153429.jpg

今 話題の加計家

IMG_20170902_120153163.jpg

灯りがともった夜景も見てみたい

IMG_20170902_120153828.jpg

脇道もなまこ壁やしっくい壁のある町家風景が素敵

IMG_20170902_120153991.jpg

時間短縮、お昼はこちらのおせんべいを食べながら歩きました。

ビールとともに生ビール

IMG_20170902_120153172.jpg

時間が許せば入りたかったなぁ桃太郎

IMG_20170902_120153252.jpg

帰り道

倉敷駅につながる商店街の一角にたたずむ

エビスさまの鼻を撫でてきました” alt=”ビックリマーク” width=”16″ height=”16″ data-src=”//stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/039.gif” />

IMG_20170902_120153985.jpg

いきなりですが路面電車が走る岡山駅前

整備されて綺麗な所ですね乙女のトキメキ

IMG_20170902_120154146.jpg

歩いて20分強

岡山後楽園に着いたのはPM4:00前

IMG_20170902_120314120.jpg IMG_20170902_120153934.jpg

1700年完成し池田家が藩主の静養の場から始まり

来賓客の接待の場、その後

藩内の人々も観覧を許され、

1884年に岡山県に譲渡され一般公開となりました。

水害(1934)と戦災(1945)で大きな被害をうけ

のち復旧されております。

IMG_20170902_120314316.jpg IMG_20170903_170408069.jpg IMG_20170902_120314188.jpg

地ビール♪

IMG_20170927_122358790.jpg

花はほとんどありませんでしたが

夏は流店と名付けられた水路が通る建物が見どころのようです。

藩主も水に足をひたして休憩されたことでしょう。

IMG_20170902_120314230.jpg IMG_20170902_120314444.jpg

まだ5時なので岡山城へ

割引ペアチケットを買えばよかった” alt=”汗” width=”16″ height=”16″ data-src=”//stat100.ameba.jp/blog/ucs/img/char/char2/028.gif” />

初代宇喜多秀家時代1582年の岡山城はの範囲は

路面電車の通る筋などまで広く櫓35棟、城門が21棟もあったそう。

IMG_20170902_120314289.jpg

かつての天守閣を(2階建ての建物を大中小に重ねた3層6階構造で石垣からの高さが20.45m)

支えていた状態で当時の礎石が並べられている。

IMG_20170902_120314622.jpg

1945年の空襲で焼けた本丸は

1966年に建て替えられましたが

外壁の黒さは当時の黒漆の名残であろう。

(カラスの濡れ羽色から別名が鳥城)

IMG_20170902_120313961.jpg

空襲でやけた不明(あかずの)門も

古い絵図面に従い再建築された

IMG_20170902_120314064.jpg IMG_20170902_120313463.jpg

天守閣を中心に

当時のまま加工していない丸石をのづらみした

石垣が広く残っています。

城づくりの始まり安土桃山時代の古さでとても貴重で

IMG_20170902_120314298.jpg

戦火を逃れた唯一の建物 月見櫓は国指定重要文化財です。

池田家時代の1632年完成

IMG_20170902_120314216.jpg

↓カーブが美しい月見櫓の石垣は

平らに整えられた割石(犬島の花崗岩)を算木積みされ、

打ち込みはぎ工法が施されている。

IMG_20170902_120314546.jpg

帰りは

こだまでしたが

各駅での停車時間が長く失敗しました。

車内で駅弁しっかり食べたのに

4万歩いたからか

帰宅してまた夕飯食べちゃった~筋肉

ABOUT ME
まり
生涯現役! 余暇を楽しみ、 お客様に喜んでいただけるように 知識と技術の向上に取り組んでいく所存です!

POSTED COMMENT

  1. SECRET: 0
    PASS:
    まりさん、すばらしい日帰り旅行です、めちゃ有意義に過ごされて、40000歩には驚きすぎです。
    きれいなお写真の数々を楽しませてくださってありがとうございました。

  2. まり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    ねりさま♪
    お忙しい中ありがとうございます♡
    ストレスがないと
    歩けるものですね(笑
    せっかく
    関西に暮らし始めているので
    たまには色々と訪ねたい気持ちがあふれております(=^_^=)!

  3. MIEKO より:

    SECRET: 0
    PASS:
    まりさん こんばんは!
    倉敷、素敵ですね!
    丁寧な解説と画像で行った気分になりました。
    短縮お昼でも、ビールは外せませんね(笑)
    4万歩も歩いたなんて、私、あ る け な い^^;
    田舎育ちは以外と歩けないんですよね
    (;_;)

  4. まり より:

    SECRET: 0
    PASS:
    MIEKOさん
    お疲れさまです。
    水戸の偕楽園に行かれたことありますか?
    いつかいかれたら是非ブログで紹介お願いしたしますゞ
    そちらにいるときに行っておけば良かったです。
    今回歩きすぎましたが
    ビール補給も2度ほどいれ
    久しぶりの楽しい時間でした(=^_^=)♪

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。