休日 関東編

1300年の歴史 日向薬師寺(ひなたやくしじ)

こんにちは
新聞購読を6か月契約した
川崎市百合ヶ丘の美容室ブランカのまりですニコニコ
自宅兼サロンなので居留守はできませんから
定期的に訪れる営業さんを断り続ける精神力はありません知らんぷり
読売さん3か月・朝日さん3か月で契約しました予防
新聞は捨てるまでがとても邪魔ですが、
掃除に使えるし
情報も得られますアップ
今回尋ねた日向薬師寺の特別展も新聞で知りました目
検索したら
奈良はてなマークいえ伊勢原ですびっくりマーク
ポスターからでもこれは凄いとわかる
躍動感と個性あふれる12神と
薬師如来坐像が私を呼んでいますビックリマーク
てなことで再び伊勢原駅にやってまいりました走る人
バスの発車前に着いたのにバス
もう行ってしまったとご婦人が教えてくれた泣
本数が少なくて汗
1時間は無駄にできないからタクシーに乗車ダッシュ
がっかり気分だったのですが運転手さんの口調が柔らかく
話し上手で楽しかった笑
新東名高速の東側は伊勢原は開通しているけれど
新秦野~新御殿場間で問題があり時間を有するそうですメモ
降車時スマホ決済が初めて何度も画面にタッチ 恥ッ汗
端末にかざしましょうあせる
運転手さんにまっすぐ歩くように言われて
白髭神社を右に見て進みます走る人
分岐点に標識がありますビックリマーク
駐車場側だったみたいだけどあせるとりあえず到着グッド!
楽しみ~目がハート
甘い香りを放つ蝋梅の手前にみつまたの蕾キューン
716年に霊山寺(りょうぜんじ)として
行基菩薩により開創され
(奈良 東大寺の大仏さまを作られた僧侶)

以来歴代天皇の帰依を深く受けております

ご本尊 薬師瑠璃光如来
宗派 高野山真言宗
茅葺屋根で創られた本堂は1660年に旧本堂の部材を利用し修復された後
時を経て2011年から同じ手法を使い大修理を始め
2016年に終えましたびっくりマーク
総工費は約8億7千万ポーンダッシュ
 
本堂(薬師堂)重要文化財
左から釈迦如来→千手観音→ 聖徳太子石像
中央 十二神将立像(12世紀頃) 薬師如来像(江戸時代)
白衣観音  賓頭盧びんずるそんしゃ(12世紀末)
尊者弘法大師姿像 →行基菩薩 → 修験道開祖役行者姿像と鎮座されておりましたメモ
十二神将立像(12世紀頃) 薬師如来像(江戸時代)
伊勢原市HPより
屋根の下には龍、獅子、象の彫刻が見られます目チョキ
約50トンのかやぶき屋根は京都の職人さんにより
ふきあげられたそうですメモ
境内に建てられた塔とご本尊がつながりますビックリマーク
宝殿の室内は通常暗いのですが
特別展では足元などにLEDが設置されており
拝見しやすくなっておりますメモ
これだけの秀作を300円で拝見できるなんて感激ラブ
国宝がしっくりします合格
重要文化財群は昭和26年まで国宝だったのに戻さない事情とは?
憶測と思いますが係の方がオフレコ的なことも説明してくださり
LED照明の全色(白·黄·青·赤·ピンク)を見せて下さり(私は赤が好き)
楽しくてためになりましたメモ
丈六仏を関東で拝見できることが珍しいそうですメモ
※仏の身長は一丈六尺(約4.8m)とされていたので仏像造立の理想とされたがこちらの宝殿の仏様のように多くは坐像であるため、実際は半分の大きさで頭頂部から像底までを八尺とした作例が多いメモ
撮影はNGですので写真はネットの記事内からお借りいたしました真顔 ありがとうございます。
〇阿弥陀如来坐像  平安時代末~鎌倉時代初期2.7M 寄木造り 丈六仏 重要文化財
TV神奈川から
〇薬師瑠璃光如来坐像 平安時代末~鎌倉時代初期 2.3M 寄木造り 丈六仏 重要文化財

 

〇日光・月光菩薩立像 鎌倉時代初期 2.7M~2.8M
重要文化財
タウンニュースから
〇四天王立像 鎌倉時代初期 2M~2.1M 重要文化財
タウンニュースから
〇十二神将立像 鎌倉時代~南北朝時代 重要文化財
伊勢原市文化財サイトより
伊勢原市観光協会サイトより
〇獅子頭 鎌倉時代 重要文化財
伊勢原市より
〇厨司 鎌倉時代~南北朝時代 重要文化財
厨司を中央に
四天王立像が囲み周りを十二神将立像が固めますグー

のみ痕が特徴の厨司内の薬師瑠璃光如来と

日光・月光菩薩の三尊像は拝見できず残念悲しい
伊勢原市より
照明はなくても常設しておりのますので
おすすめいたします100点
外に出ると境内を見渡せます目
手水舎
高野山・真言宗の開祖である弘法大師・空海様お願い
虚空蔵菩薩
無限の智慧と慈悲の心を与えて下さる菩薩に
詣でる慣例が13詣りですメモ

 

奥の院にあったものを参詣しやすいように白樫の中に移されたそうですメモ
狛寅
狛牛
鐘堂 重要文化財
十二神将を表す柱は12本で
おろされている鐘には南無大師遍照金剛と彫られておりますメモ
39mと34m樹齢約850年の2本杉
この杉に1364年足利基氏が、平和と幸せ・五穀の豊かな実りを祈り錦幡をかけたそうですメモ
鳥獣供養塔

寒いけど外の休憩所でサクッと昼食ですおにぎり割り箸

このまま駐車場から七沢温泉方面に歩けば良いのですが
仁王門を拝見したく参道をおりてみました走る人
振り向くと整然としており素敵ビックリマーク
ひときわ根が張り出した木の下には歌碑がビックリマーク
参道は学術的に貴重な林だそうですメモ
阿形 3.5m1833年焼失後の同年再建メラメラ
何のガードもないお二人
吽型3.52mm
焼失前の仁王門は楼門造りで規模が大きかったそうですメモ
結局参道入口まで来てしまいました走る人
1194年頼朝公が娘の病気全快を祈るために詣でたさいに
旅装から白装束に着替えた場所がここだそうですメモ
参道はバス乗り場の手前、タクシーで通り過ぎていましたチーン
七沢温泉まで歩く気持ち満々なのですが
階段はきつそうで行きと同じ道をたどることにして
無駄なことをしていると情けなく思っていたらあせる
先ほどはなかったミカンを100円で手に入れて気分は上矢印
駐車場の上にある梅園の開花はまだでしたクローバー
どこにつながっていそうな道が目にはいりますが
歩いている道は舗装されており
駐車場を過ぎてからは傾斜も(人もなくダッシュ)楽々ですチョキ
落石あとポーン
このあたりは個人から寄贈された森林ですってあんぐり
伊勢原市と厚木市の境
この辺りから少しづつ下りていく感じ
大きな岩も落石あとかなはてなマーク
振り向いたら❓これが亀石❓
振り返りやっぱり亀だよ上矢印
展望台も人がいないと廃墟に見える不安
あれ亀石ってポーン
あれかなはてなマーク
亀だ

 

こっちが亀石なんだ
いやこっちの大きい方かはてなマーク
さっきの岩もいい勝負してると思うけど真顔
亀石の下から湧いてた水が沢になっていて目
名前は大竹沢ですねメモ
大竹沢に沿って歩いているけど
標識が無くて人もいないので不安になってきたダウン
そのまま20分位歩いて一般道にでても大竹沢目
大丈夫そうニコニコダッシュ
ほっとしていたら猫が声をかけてくれた足あと足あと足あと猫あたま
バス停着きました~悲しいチョキ
ハイキング道へはここから10分弱、
青い標識を左に進んで下さいびっくりマーク
伊勢原駅方面は本数少なくて、
本厚木駅を通る厚木バスセンター行きか
愛甲石田駅行の早い方に乗りますバス
バス停の前には大竹沢が最後まで見守ってくれていますニコニコ
そしたら小学生が「こんにちは」って挨拶してくれて
ほんわか気分キューン
厚木市も好きよ飛び出すハート
マンホールの写真撮り忘れたし
次は桜の長谷寺(ちょうこくじ)かな🌸
また参ります~チョキニコニコチョキ
ABOUT ME
まり
生涯現役! 余暇を楽しみ、 お客様に喜んでいただけるように 知識と技術の向上に取り組んでいく所存です!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。